メラニンが後々まで沈着してしまうパターン

メラニンが後々まで沈着してしまうパターン

原因は色素沈着と皮脂や古い角質のつまりです。脇の皮膚はけっこう薄くてデリケートなのに衣服との摩擦、汗をかいたときの拭き取り、など刺激を受けます。特に脇毛のムダ毛処理をカミソリ、毛抜きなどの自己処理でやり続けるうちに肌に刺激を与えてしまいます。

 

刺激から肌を守ろうとして出るメラニンが後々まで沈着してしまうパターンがとても多いですね。
脇の毛はなんとか処理しておきたいけど、黒ずみが残るのも嫌ですね。脇の毛の処理はどうせなら医療機関やエステで行うほうがいいですね。

 

あとは制汗スプレーをたくさん使うのも皮膚には刺激になります。古い角質や汚れが毛穴を塞いでつまって酸化して黒ずみになることもあります。

 

ムダ毛処理をしたあとはきちんと化粧水や乳液で肌の負担を軽くしてあげましょう。放置しておくと黒ずみになってしまいます。
また豆乳ローションを脇にぬると毛穴を引き締めてくれたり体毛を細くしてくれたりします。脇の黒ずみ対策クリームを使うのも有効です。